『霊界物語』52巻

第一七章 飴屋〔一三五三〕
 霊主体従とは、人間の内分が神に向つて開け、ただ神を愛し、神を理解し、善徳を積み、真の智慧を輝かし、信の真徳に居り、外的の事物に些しも拘泥せざる状態を云ふのである。かくの如き人は所謂地上の天人にして、生きながら天国に籍を置いて居る者で、この精霊を称して本守護神と云ふのである。至粋、至純、至美、至善、至愛、至真の徳に居るものでなくては、この境遇に居る事は出来ぬ。 また体主霊従とは、人間はどうしても霊界と現界との中間に介在するものである以上は、一方に天国を開き一方に地獄を開いて居るものだ。故に人間はどうしても善悪混交美醜互に交はつて世の中の神業に奉仕せなくてはならない。しかしこれは、普通一般の善にも非ず悪にも非ざる人間の事である。人間は肉体を基礎とし、また終極点とするが故に、外的方面より見て体主霊従と云ふのであるが、しかしながら、これを主観的に云へば霊的五分、体的五分、即ち、霊五体五たるべきものである。もし霊を軽んじ体を重んずるに至らば、茲に、体五霊五となるのである。同じ体五分霊五分と雖も、その所主の愛が外的なると、内的なるとによつて、霊五体五となり、また体五霊五となるのである。故に霊五体五の人間は、天国に向つて内分が開け、体五霊五の人間は、地獄に向つてその内分が開けて居るものである。 一般に体主霊従と云へば、霊学の説明上悪となつて居るが、しかし体主霊従とは、生ながら中有界に迷つて居る人間の境遇を云ふのである。人間は最善を尽し、ただ一つの悪をなさなくてもその心性情動の如何によりて、或は善となり或は悪となるものである。故に人間は、どうしても霊五体五より下る事は出来ない。これを下れば忽ち地獄界に堕ちねばならぬのである。何程善を尽したと思つて居ても、その愛が神的なると自然的なるとによつて、天国地獄が分るるのであるから、体主霊従的人間が、現世において一つでも悪事をなしたならば、どうしてもこれは体五霊五所か体六霊四、体七霊三となりて、忽ち地獄道へ落ちねばならぬのである。 信者の中には善悪不二とか、正邪一如とか云ふ聖言を楯に取つて、自分の勝手のよいやうに解釈して居る人もあるやうだが、これは神が善悪不二と云はるるのは中有界に迷へる人間に対して云はれるのであり、且神は善悪に拘はらず慈愛の心をもつて臨ませらるる見地から仰せらるる言葉である。決して人間の云為すべき言葉ではない。どうしても人間が肉体を保つて現世にある間は、絶対的の善をなす事は出来ない。しかしながらその内的生涯において天国に籍を置く事を得るならば、最早これを霊主体従の人と云ふ事が出来るのである。 中有界の八衢は善悪正邪の審判所であつて、今日の人間の大部分はこの中有界と地獄界に籍を置いて居るものである。されども人間が霊肉脱離の関門を越えて霊界に行つた時は、その外分の情態は時を経るに従つて除却さるるが故に、その内分のみ存在し、茲に霊的生涯を営む事となる。この時は肉体に附ける総ての悪は払拭され、その純潔なる霊は天国の団体に、霊相応に和合し得るものである。しかしながら余り利己心の強い精霊は、死後に至るまでその執着を残し、容易に駆除されないが故に、外分のみ開け、且また外分が時を追うて脱離すると共にその内底の悪は忽ち暴露され、妖怪変化の如き浅ましき面貌となつて地獄界に堕ち往くものである。 文助は漸くにして八衢の関所に着いた。白、赤二人の守衛に比較的叮嚀に導かれ、門の傍のロハ台の上に腰打かけ、息を休めて居た。半町ばかり手前に当つて騒がしい音が聞えて来た。
『トンチントントン チンチントントン チントン、チントン、チンチントン 夕日が赤い横町に 飴屋のお爺さん鉦ならす 大きい子供に小さな子供 一銭出しては飴おくれ 二銭出しては飴おくれ お爺サン両手が巧に動く 金魚が一つ兎が一つ も一つ目には日がくれた 飴屋のお爺さん鉦ならす』
と子供が沢山に群がつて飴屋の後から跟いて来る。飴屋は妙な身振をしながら、
『トンチントントン、チンチントントンチントン チントン、チンチントン』
と囃し立て、八衢の関所の前にやつて来た。さうして其処に荷を下ろし、おもちやの喇叭を頻りに吹き立てて沢山の子供を集め出した。子供は四方八方から集まつて来て、お酒に酔つた赤い銭や、白粉をつけた白い銀貨を出して、先を争うて『飴くれ飴くれ』と押しかける。飴屋は指の先を巧に動かして、兎や、鶏、達磨なぞを瞬く間に捻つては拵へ、麦藁でぷつと吹いて量を高うし、寄つて来る子供に金と引きかへに渡して居る。さうして子供の所望によつてまたもや歌ひだした。
『トンチントントン チンチントントン チントン チントン チンチントン 飴の中からお多やんエ、お多やんが嫌なら金時だ 金時嫌なら達磨さま 兎でも餅つく、お猿でも 十五のお月さんの餅つきに よう似た飴屋のお爺さんよ こりやこりや其処らの子供達 飴が欲しけりや幾何でもやらう しかしお金と引きかへぢや 地獄の沙汰でも金次第 お金が無ければ甘い汁 どうしてもかうしても吸はりやせぬ お母の乳よりお砂糖より もつと甘いのはこの飴ぢや あめが下には他人と云ふ事は 無いものぞやと三五教の 神様が云はしやつたけれど 何程あめの下ぢやとて 金が無ければ他人ぢやぞ 金が敵の世の中だ このお爺さんが今打つ鉦は ミロク三会の明けの鐘 金の無い奴ア近寄るな トンチントントン、チンチントントン チントン、チントン、チンチントン』
と一生懸命に子供を相手に暴儲けをやつて居る。 白、赤の守衛は通行人の身許調べに忙殺されて居る所へ、沢山の子供を集め、鉦や太鼓で騒ぎ出したので大に面喰ひ、白の守衛は傍に寄つて、『これこれお爺さん、場所を考へないか。こんな関所の前で、さうやかましく云つてくれては、俺達の邪魔になるぢやないか。ちと気を利かして、彼方の方へ行つてやつたらどうだ』『構うて下さるな。私は行商と云つて道路を歩いて商ひをするものだ。これでも政府へ税金を納めて居るものだ。何処で商売をしようと構うて下さるな。子供の沢山よつて居る所で、子供相手の商売をやつて居るのだ。私の商売の邪魔をするのなら、損害賠償で訴へませうか』『現界でなればお前の勝手だらうが、此処は冥途の八衢の関所だから、お前もやがて調べてやる時が来るのだ。まアしばらく彼方の方へ往つて居てくれ』『何と云つても此処は動かないのだ。ヘン冥途の八衢なんぞと馬鹿にしなさんな。最前から声が枯れるほど歌つて子供を集め、商売繁昌の真最中だ。お前の勝手がよければ此方の勝手が悪い、私の商売が邪魔になるのなら、なぜ高い税金を取るのだ』と呶鳴りつけ、尚トンチントントン、チンチントントンと鉦を叩き歌を歌つて、子供の機嫌を取つて居る。 赤の守衛は、余り頑強の飴屋の態度にグツト目を剥き、『これ飴屋、これほど事を分けて申すのに、その方は聞かぬのか』『そんな日の丸のやうな赤い顔をして睨んだ所が、この亜米利加屋さまはビクとも致しませぬわいな、ヤンキイモンキイ云はずに、黙言つて引込んで居なさい。
 トンチントントン、チンチントントン 飴の中からお多やんと金太さんが飛んで出たよ』
とまたもや踊り狂ふ。赤は白の守衛に向ひ、『困つたものですな、どうしませうかなア』『しばらくほつといてやりませうかい、訳の分らぬ爺をつかまへて叱つて見た所で何にもなりますまい。やがて商売が無くなつたら帰るでせうし、子供だつて有るだけの金をつかへば飴屋に用はありませぬからなア』赤『デモ、かう喧しくては仕方がないぢやありませぬか、どうしてもこいつは追払はにやなりますまい。こりやこりや飴屋、此処に居る事は許さないから、どこかへ行つて商売をして来るがよからう、喧しくて事務の邪魔になるからな』『ヘン甘い事おつしやりますワイ。飴屋の太鼓位が何喧しいのだ。今日の世の中は労働争議とか普選問題とか、小作争議だとか外交問題だとか云つて、あれだけ喧しう騒ぎ立てて居るのに、その声が聞えないのか。飴屋位が喧しいとはチと聞えないぢやないか。これ位の事が耳に障るやうで、どうして役人がつとまるか。役人の耳は何億と云ふ人民の号泣の声がちつとも聞えないやうに塞がつて居るのだ。それでなくては今日の世に処して、大人物とは云はれないぞ。仮令木端役員と雖も勤まるものぢやない。庚申さまの眷族になつて、見ざる、聞かざる、言はざるを守つて居るのが一番賢いやりかただ。喧しう云ふと何時までも門番をさされて苦しんで居らねばならぬぞ、ほんとに仕方のない奴だ。
 トンチントントン チントントン チンチントン 八衢街道のまん中で 白と赤との守衛に出会うた 飴の味をば知らないと見えて 苦い顔して睨みよる ほんに因果な生れつき チンチントントン チントントン』
とまたもや喧しく囃立て踊り狂ふ。赤は大に怒り、矢庭に飴屋の腕を後に廻し、手早く引つ括つて門内に姿を隠した。 文助は五里霧中に彷徨した心地で、今渉つて来た山路や沼、萱野ケ原の事や、両親に会うた事など思ひ出し、夢か現か将た現界か幽界かと、頻りに首を捻つて居た。
(大正一二・二・九 旧一一・一二・二四 加藤明子録)


第七章 暗闇〔一四五七〕
 ワックスは猛犬スマートに銜へられ、門の外に運び出され、しばらくは気も遠くなり、夏草の上に身を横たへて唸いて居た。かかる所へビルマは月を賞め鼻唄を歌ひながらやつて来た。忽ち一天掻き曇り、大空は墨を流した如く、サツと月光を包んでしまつた。
ビルマ『暗闇の一滴が 天と地との間に ぼつたりと落ちると 暗黒と静寂が うろたへてやつて来る    ○ ふくれ上つた暗闇の中に 甍の波はどよみ 煙突の林は黙立し 四方の山脈は横臥し 万物は 今し 暗灰色に溶けて行く    ○ 暗闇の一つの壁から 煤けた 赤らんだ 月が 顔をしかめた    ○ 月はユララユララと ゆらめきながら 険しい雲の坂路を 昇り初めた    ○ しばし やがて 悪魔が翼をひろげて 黒雲の臥床に 月を閉ぢ込めてしまふと 暗闇がぬけ落ちた歯の間から ゲラゲラと笑うて 急いで地の中へ潜り込んだ    ○ 翌る朝 生温い雨が しよぼしよぼと降つて居た
   ○
 月は恐ろし雲間に隠れ  ワックス司は雲がくれ 黒い犬奴が飛んで来て  ウウ、ワンワン吠へ猛る ワツと驚くワックスが  帯を銜へてトントンと 門の外へと引ずり出した  その怖ろしい権幕に ビルマはビルビル慄ひ出し  オークスさまは逃げ出す 睾丸潰したエルの奴  雲を霞と隠れ行く さはさりながらデビスのお姫さま  どこの何処へ雲がくれ 月雪花にも擬うよな  綺麗な綺麗なお顔立 一寸見てさへ顫ひつく  雲がお月を隠すよに いづこの曲津がやつて来て  テルモン館の蓮華花 何処へ隠したか知らねども  ワックスさまは気が揉める あれほど惚れたお姫さま  三五教の魔法使 みちみち彦に攫はれて  指を銜へてアングリと 嘸今頃は草の露  涙に湿る事だらう とは云ふものの俺だとて  木石ならぬ人の身だ 男と生れて来たからは  あんなナイスと一夜の枕を 交してみたい気も起る  ああ惟神々々 月下氷人の引き合せ  姫の所在を尋ね出し 第一番の功名手柄  やらねばならぬ羽目となり 弥々館を抜け出して  月の光を頼りとし 此処までやつて来たものの  一寸先も見えわかぬ 真暗がりの馬場道  アイタタツタ何者ぢや 嫌らしいものが触つたぞ  これやこれや其方は化物か 合点のゆかぬ代物ぢや  三五教の魔法使 こんな所に化物を  現はし俺の肝玉を 取らうとしても駄目だぞよ  ウンウンウンウンそれや何だ 狐か狸か狼か  但は天狗か古狸 訳の分らぬ唸り声  逃げようと云つても足許が ハツキリ分らぬこの場合  この怪物の正体を 度胸を据ゑて調べよか  もしも姫さまであつたなら それこそ思はぬ儲けもの  アア惟神々々 御霊幸倍ましませよ』  
と慄ひ慄ひ歌つて居る。俄に黒雲はパツと晴れて皎々たる夏の月は四辺を昼の如く照した。草に置く露の玉には月光宿り瑠璃の如くに光つて居る。ビルマは足許の黒い影を見て首を傾け窺へば正しく人間の唸り声である。怖々ながら側に寄り『オーイオーイ』と二つ三つ揺つて見た。倒れた影はムクムクと起き上りビルマの顔を覗くやうにして凝視めて居る。ビルマは月を背に負うて居たのでハツキリ顔が分らなかつたが、一方の顔には月光を受けて顔の生地まで分つてゐる。ビルマ『ヤアお前はワックスぢやないか。随分甚い目に遇つたものだなア。どこともなしに山犬がやつて来やがつてお前を銜へて出た時の怖ろしさ、友達の難儀を見捨てる訳にもゆかず、オークス、エルの奴はビリビリ慄つて居るなり、剛胆不敵のこのビルマが助けようと思うてやつて来た所、お前に突き当り、どうも済まぬ事をした。どうだ、どこも怪我は無かつたか』ワックス『ウン有難う、よう来てくれた。友達なればこそ来てくれたのだなア。山犬が出て来て此処まで俺を銜へ込み、最後になつて三つ四つ振りやがつた時には目がマクマクして怖かつたよ。しかしながら親友なればこそお前が来てくれたのだ。このまま放つて置けば俺の命は無くなつたかも知れない。アア有難い、お礼申す、屹度俺が目的を達したならお前を家令にしてやるから楽しんで待つて居れ』ビルマ『何と俄に雲行が変つたものですな。いつも私を門番門番と呼び付になさいましたが、今日に限つて親友だと云つて下さつた。アア有難い、幾久しう親友として御交際願ひますよ。いつもなら吾々を塵埃の如く振向いても下さらぬのだが、矢張り叶はぬ時の神頼み、こんな時に来て貰うと嬉しいと見えますな。しかし斯様の所に居ると誰に見つかるかも分りませぬ。サア一時も早く貴方のお館まで送つて上げませう』ワックス『家へ帰る所か、お前は何と思ふかも知れぬが、またしても三五教の魔法使が館の中に潜り込んで居るやうだ。さうでなければあの犬が出て来る筈がない。サアこれから、人気の立つたを幸ひ、鉦や太鼓を叩いて辻説法を初め、あの三千彦を門外に誘き出し、やつつけねば陰謀露見して吾等の笠の台が飛ぶかも知れぬ。少し腰が痛くとも辛抱して今晩は大活動をやるのだな。アイタタツタ。山犬の奴、ひどくやつ付けやがつた。おい、ビルマ、何処かで驢馬でも引つ張出して来てくれ。そして鉦も太鼓も探して持つて来い。天へ登るか地獄へ堕ちるかと云ふ境目だからな』ビルマ『三千彦の魔法使は岩窟の中へ閉ぢ込めて、二人の番卒がつけてある上は、滅多に館の中に帰つて来る筈がありますまい。お前さま山犬に振られて気が狂うたのではありますまいか』ワックス『エ、馬鹿云ふな、その位な事に気が狂ふものか、サア事遅れては一大事だ、早く早く』と急き立てる、ビルマは一目散に駆け出し、驢馬に跨り一頭を引き連れ来り、ワックスを助け乗せ、自分は豆太鼓や摺鉦を打ち鳴らしながら、宮町の四辻に向つて駆け出し、
 トントンチンチン トンチンチン チントン チントン チントントン
と夜中に飴屋式に囃し立てた。杢平、八平、田吾作もこの声に夢を破られて慌てて戸外に駆け出した。ワックスは馬上より大声を張り上げ、『ヤアヤア宮町の連中殿、またもや三五教の魔法使がお館に現はれた。サア戸毎に叩き起し脛腰の立つものは拙者に従つて館の表門に押しかけられよ、時後れては一大事、魔法使が先度のやうに宝を奪ひ取り、終ひには命まで取つてしまひますぞ。悪魔を滅ぼすは今この時』と呶鳴り立てた。次から次へと慌者が触れ歩き、瞬く間に二三百の老若男女が四辻に集まつて来た。ビルマは馬上より、
 ドンドコ ドンドコ ドコドコドン チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン
と囃し立てながら先頭に立つて進む。ワックスは馬上から進軍の歌を歌ひ初めた。
ワックス『出た出た出た出た鬼が出た  テルモン山の神館 小国別の奥の間に  打てよ打て打て今打てよ 館の大事は云ふも更  汝等一同の難儀だぞ ドンドコ ドンドコ ドコドコドン  チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン 各自家の重宝を  戸毎に盗んだ泥坊も 三五教の魔法使  三千彦司と云ふ鬼だ 殺せよ殺せよ打ち殺せ  これを見逃し置いたなら 神の館は云ふも更  お前等一同の身の終り 命を取るか取られるか  千騎一騎の正念場 ドンドコ ドンドコ ドコドコドン  チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン』
 歌と拍子につれて数多の老若男女は月光を浴びながら館の表門指して押し寄せた。この物音に小国姫、三千彦は不審を起し、三千彦は小国姫に病人の看護をさせ置き、自分はただ一人門外に駆け出した。ワックスは三千彦の姿を見るより、ワックス『ヤアヤア皆の者、今其処に現はれた奴が町民の仇、大泥坊の魔法使だ、それ逃がすな』と下知すれば、何も知らぬ老若男女は蚯蚓に蟻が集まつたやうに四方から木片をもつて打ち叩き、寄つて集つてふん縛り、ワツシヨワツシヨと声を揃へてアンブラック川の水瀬にザンブとばかり投げ込んでしまつた。アア三千彦の運命はどうなるであらうか。
(大正一二・三・二四 旧二・八 於伯耆皆生温泉浜屋 加藤明子録)