第一章 宇宙太元〔二五一〕
 大宇宙の元始に当つて、湯気とも煙とも何とも形容の仕難い一種異様の微妙のものが漂ひ居たり。この物は殆ど十億年間の歳月を経て、一種無形、無声、無色の霊物となりたり。これを宇宙の大元霊と云ふ。我が神典にては、天御中主神と称へまたは天之峰火男の神と称し、仏典にては阿弥陀如来と称し、キリスト教にては、ゴツドまたはゼウスと云ひ、易学にては太極と云ひ、支那にては天主、天帝、または単に天の語をもつて示され居るなり。国によつては造物主、または世界の創造者とも云ふあり。この天御中主神の霊徳は、漸次宇宙に瀰漫し、氤氳化醇して遂に霊、力、体を完成し、無始無終無限絶対の大宇宙の森羅万象を完成したる神を称して大国治立尊(一名天常立命)と云ひ、ミロクの大神とも云ふなり。 宇宙の大原因たる、一種微妙の霊物、天御中主神の無色無形無声の純霊は遂に霊力を産出するに至れり。これを霊系の祖神高皇産霊神と云ふ。次に元子、所謂水素(また元素といふ)を醸成した、これを体系の祖神神皇産霊神といふ。霊は陽主陰従にして、体は陰主陽従なり。かくしてこの二神の霊と体とより一種異様の力徳を生じたり。これを霊体といふ。ほとんど三十億年の歳月を要して、霊力体のやや完全を期することを得たるなりき。皇典においては、これを造化の三神といふ。茲に完全なる水素を産出した。水素は漸次集合して現今の呑むごとき清水となりぬ。この清水には高皇産霊神の火霊を宿し、よく流動する力が備はりぬ。水を動かすものは火にして、火を働かすものは水なることは第四巻に述べたるがごとし。この水の流体を、神典にては葦芽彦遅神といふ。一切動物の根元をなし、これに霊系即ち火の霊を宿して一種の力徳を発生し、動物の本質となる。神祇官所祭の生魂これなり。次に火水抱合して一種の固形物体発生し、宇宙一切を修理固成するの根元力となる。これを常立神といひ、剛体素といふ。神祇官所祭の玉留魂これなり。金、銀、銅、鉄、燐、砂、石等はこの玉留魂を最も多量に包含し、万有一切の骨となり居るなり。この剛体素、玉留魂の完成するまでに太初より殆ど五十億年を費しゐるなり。茲に海月なす漂へる宇宙は漸く固体を備ふるに至りぬ。この水を胞衣となして創造されたる宇宙一切の円形なるは、水の微粒子の円形なるに基くものなり。剛体は玉留魂、即ち常立の命の神威発動によつて、日地月星は漸く形成されたり。されど第一巻に述ぶるがごとく、大宇宙の一小部分たる我が宇宙の大地は、あたかも炮烙を伏せたるが如き山と、剛流の混淆したる泥海なりしなり。 茲に絶対無限力の玉留魂の神は弥々その神徳を発揮して大地の海陸を区別し、清軽なるものは靉きて大空となり、重濁なるものは淹滞して下に留まり、大地を形成したり。されどこの時の宇宙の天地は生物の影未だ無かりけり。ここに流剛すなはち生魂と玉留魂との水火合して不完全なる呼吸を営み、その中より植物の本質たる柔体足魂を完成したり。これを神典にては豊雲淳命といふなり。いよいよ宇宙は霊、力、体の元子なる、剛柔流の本質完成されたのである。されど宇宙は未だその活動を開始するに至らなかつた。これらの元子と元因とは互に生成化育し、力はますます発達して、動、静、解、凝、引、弛、分、合の八力を産出した。神典にては、宇宙の動力を大戸地神といひ、静力を大戸辺神といひ、解力を宇比地根神といひ、凝力を須比地根神といひ、また引力を活杙神といひ、弛力を角枠神といひ、合力を面足神といひ、分力を惶根神といふ。この八力完成して始めて宇宙の組織成就し、大空に懸れる太陽は、無数の星晨の相互の動、静、解、凝、引、弛、分、合の八力の各自の活動によつて、その地位を保ち大地またこの八力によつて、その地位を保持する事となりしなり。かくして大宇宙は完成に至るまで殆ど五十六億万年を費した。 茲に宇宙の主宰神と顕現し玉ふ無限絶対の力を、大国治立命と称し奉る。国治立命は、豊雲淳命(またの御名豊国姫命)と剛柔相対して地上に動植物を生成化育し、二神の水火より諾冊二尊を生み、日月を造りてその主宰神たらしめたまひける。 かくて大宇宙の大原因霊たる天御中主神は五十六億万年を経て宇宙一切を創造し、茲に大国治立命と顕現し、その霊魂を分派して我が宇宙に下したまへり。即ち国治立命これなり。国治立命の仁慈無限の神政も、星移り年重なるに連れて妖邪の気、宇宙に瀰漫し、遂にその邪気のために一時『独神而して隠身なり』の必然的経綸を行はせたまふ事とはなりける。而て霊界物語の第一巻より本巻に亘り口述するところは、大宇宙の完成するまでに五十六億万年を要したる時より以後の事を述べたものなり。これより以前の事は、神々として完全に花々しき御活動はなく、時の力によりて氤氳化醇の結果、宇宙が形成するを待たれたるなり。
(大正一一・一・一六 旧大正一〇・一二・一九 加藤明子録)(序歌~第一章 昭和一〇・一・二七 於筑紫別院 王仁校正)