神の国

信仰は異なるとも

 
 宗教は芸術を生み、芸術は又宗教を生む。芸術は入生の花である。人生に宗教及び芸術無き時は、世の中は実に寂寥な、そして無味乾燥なものである。そして、変愛と信仰とは人生に欠くべからざる真実の果実である。 神仏や其他の宗教を信仰すると云ふのも、要するに恋愛を拡大したものであつて、字宙の元霊たる独一真神を親愛するのを信仰と云ひ、個人を愛するを恋愛と云ふ。ゆえに、恋愛と信仰とは其の根底を同じうし、ただ大小の区別があるのみである。いづれの宗教も、社会人心の改良とか人類愛の実行とか、霊肉の救治とか、天国の楽園を地上に建設するとか云ふ趣旨の他に出づるものでない。ゆえに、古往今来、幾多の宗教が現はれても、人生に光明を与ふるを以て目的とせないものはない。期する所は同一の目的に向つて流れて居るものである。『あめあられ雪や氷と隔つれど解くればおなじ谷川の水』と古人が歌つたのは至言だと思ふ。いづれかの宗教を信じ、一つの信仰をもつて居る人は、どこともなく物優しく懐しみがあり、そして一種の光明に包まれて居るやうな感じがするものである。 それゆえ、自分は、宗教の宣伝使をもって自認して居るが、同じ宇宙唯一の大神霊に向つて、同じ神霊の愛に浴せむとする目的を以て居る宗教である以上は、眼目点さへ同じければ、枝葉にわたる宗教的儀式や説き方などは次の次である。宗派および信仰を異にする人々と対立した場合の自分の心持は、春の花見に行つた時、一方には上戸が居つて酒に浸り、『酒無くば何んの己がさくらかな』と云うて一日の歓楽を尽す人と、竹の皮の握り飯を開いて食つて居る人や、芸者などの手を引いて花の下で他愛なく戯れて居る人があるやうに、いづれも目的は花見にあるのである。その人々の嗜好によつて、千種万様の自由自在の歓楽を尽して居るやうなもので、その目的さへ一つであれば、別にいやな感じもせず、春風駘蕩として、面をやはらかに吹くやうな感じがする。また、同じ共同風呂に入つて、温かなゆつたりとした気分に浸り、一人は詩吟をやり、一人は浪花節を唸り、一人は浄瑠璃を語り一人は端歌を唄つて居る。いづれも同じ風呂の中でありながら、思ひ/\の事を云つてゐる。しかし、人々の嗜好は変つて居つても、温かい風呂に浴し、身体の垢を落し、爽快の気分を味はふ点においては一つである。また詩吟、浪花節、浄瑠璃、端歌など何を聞いても余り気分の悪いもので無い、其の時の様な感じを自分はいつも持つて居る。 宗教を持たず信仰の無い人に接した時は、たとへ自分の兄弟であらうが、親であらうが、妻であらうが、また、子であらうが、何とも云へぬ淋しみがあり、また、自分との間に薄い幕が張られて居るやうな気分のするものである。(大正一四、五、二五号神の国誌)

 

 

宗教は芸術を生み、芸術は又宗教を生む。芸術は入生の花である。人生に宗教及び芸術無き時は、世の中は実に寂寥な、そして無味乾燥なものである。そして、変愛と信仰とは人生に欠くべからざる真実の果実である。 神仏や其他の宗教を信仰すると云ふのも、要するに恋愛を拡大したものであつて、字宙の元霊たる独一真神を親愛するのを信仰と云ひ、個人を愛するを恋愛と云ふ。ゆえに、恋愛と信仰とは其の根底を同じうし、ただ大小の区別があるのみである。いづれの宗教も、社会人心の改良とか人類愛の実行とか、霊肉の救治とか、天国の楽園を地上に建設するとか云ふ趣旨の他に出づるものでない。ゆえに、古往今来、幾多の宗教が現はれても、人生に光明を与ふるを以て目的とせないものはない。期する所は同一の目的に向つて流れて居るものである。『あめあられ雪や氷と隔つれど解くればおなじ谷川の水』と古人が歌つたのは至言だと思ふ。いづれかの宗教を信じ、一つの信仰をもつて居る人は、どこともなく物優しく懐しみがあり、そして一種の光明に包まれて居るやうな感じがするものである。 それゆえ、自分は、宗教の宣伝使をもって自認して居るが、同じ宇宙唯一の大神霊に向つて、同じ神霊の愛に浴せむとする目的を以て居る宗教である以上は、眼目点さへ同じければ、枝葉にわたる宗教的儀式や説き方などは次の次である。宗派および信仰を異にする人々と対立した場合の自分の心持は、春の花見に行つた時、一方には上戸が居つて酒に浸り、『酒無くば何んの己がさくらかな』と云うて一日の歓楽を尽す人と、竹の皮の握り飯を開いて食つて居る人や、芸者などの手を引いて花の下で他愛なく戯れて居る人があるやうに、いづれも目的は花見にあるのである。その人々の嗜好によつて、千種万様の自由自在の歓楽を尽して居るやうなもので、その目的さへ一つであれば、別にいやな感じもせず、春風駘蕩として、面をやはらかに吹くやうな感じがする。また、同じ共同風呂に入つて、温かなゆつたりとした気分に浸り、一人は詩吟をやり、一人は浪花節を唸り、一人は浄瑠璃を語り一人は端歌を唄つて居る。いづれも同じ風呂の中でありながら、思ひ/\の事を云つてゐる。しかし、人々の嗜好は変つて居つても、温かい風呂に浴し、身体の垢を落し、爽快の気分を味はふ点においては一つである。また詩吟、浪花節、浄瑠璃、端歌など何を聞いても余り気分の悪いもので無い、其の時の様な感じを自分はいつも持つて居る。 宗教を持たず信仰の無い人に接した時は、たとへ自分の兄弟であらうが、親であらうが、妻であらうが、また、子であらうが、何とも云へぬ淋しみがあり、また、自分との間に薄い幕が張られて居るやうな気分のするものである。(大正一四、五、二五号神の国誌)